TEL.03-3813-0022

WEB予約

アレルギー疾患

じんましん

じんましんは、強い痒みを伴い、丸っぽい形をしており、わずかに盛り上がったみみず腫れが数分~24時間以内にできて消えていく皮膚疾患です。痒みだけでなく、チクチクとした痛みや、熱く焼けつくような痛みが生じることもあります。じんましんの原因は、食べ物や内服薬、細菌やウイルスの感染など様々で、検査としては皮内反応や血液検査などを行います。治療に関しては、主に抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などを使います。薬を内服すれば、多くの人は数日で症状が治まりますが、医師の指示に従って飲み続け、徐々に減らしていくことが大切です。

アレルギー性鼻炎

アレルギー症状を引き起こす原因となる物質を吸入することにより、抗原と抗体が鼻の粘膜で反応して鼻症状を起こす病気です。くしゃみ、鼻水、鼻づまりの3大症状がよく見られますが、一般的な風邪とは異なり、喉の痛みや熱は伴いません。通年性のアレルギー性鼻炎の場合、家の埃やダニの糞・死骸、ペットのフケ、カビなどが原因となります。

アレルギー性鼻炎が疑われるときは、鼻鏡検査、血液・鼻汁好酸球検査などを行います。さらに、アレルギー反応を起こしている原因を突き止めます。なかなか特定できないケースもありますが、まずは家の埃、ダニの糞や死骸、ペットのフケ、カビなどに出来るだけ曝されないようにすることが重要です。こうした対策を講じた上で、抗アレルギー薬の内服や鼻スプレーで症状を抑えていきます。

花粉症

花粉症は季節性のアレルギー性鼻炎の一種であり、特に植物の花粉が原因となります。目の痒み、異物感、充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻水、鼻づまり、などの症状を引き起こしますので、日常生活に支障が出やすくなります。原因物質としては、スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、シラカンバ、ハンノキ、カモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類があります。いずれにしても、アレルゲンを近づけないよう留意し、必要に応じて花粉症のお薬を飲むことが大切です。

舌下免疫療法

スギ花粉症などにお悩みの方は、舌下免疫療法もお勧めです。舌の下に治療薬を滴下し、舌の裏側に保持させたまま2分間程そっとしておき、その後に飲み込みます。このエキスの量を少量から始めて徐々に増やし、アレルギー反応を起こさないように調節していくことで治癒に導いていきます。通常は継続的な治療が必要となり、まずは2年間この治療を行います。そこである程度効果の得られた方には、3~5年間の治療をお勧めします。なお、舌下免疫療法で根治するのは10~20%ですが、全体の70~80%の人にはある程度の効果が期待できると言われています。

花粉症ボトックス

ボトックスは、ボツリヌス菌が産生する毒素から抽出した成分です。ボツリヌス毒素はその名の通り、毒性の高いものなのですが、ボトックスはそこから毒性を除去しているので、安全に使用できます。花粉症ボトックスは、ボトックス注射などで使われているボツリヌス菌を鼻腔に滴下し、鼻の粘膜に浸透させます。鼻の粘膜の副交感神経の興奮を抑えることで目や鼻のアレルギー反応を改善します。治療に要する時間は15分程度ですので、お手軽に注射などの痛みなく治療を行うことができます。

アレルギー検査

当院では、指先からの簡単な採血で20分で結果がわかるアレルギー検査を導入しております。
当日結果が知りたい方、注射が苦手な小さなお子様にもお勧めです。お気軽にご相談ください。

20分で結果がわかるアレルギー検査

春日後楽園しのぶクリニック

院長
松浦 忍
診療科目
内科、小児科、泌尿器科、循環器内科
住所
〒112-0002
東京都⽂京区⼩⽯川1丁⽬1−7 
⽂京ガーデンセンターテラス 202
最寄駅
  • 都営三田線・大江戸線「春日駅」A4出口から徒歩1分
  • 東京メトロ「後楽園駅」7番出口直結
  • 東京メトロ南北線「後楽園駅」改札から徒歩2分
  • 東京メトロ丸ノ内線「後楽園」改札から徒歩5分
診療時間 日・祝
9:00~12:30
14:30~18:30

休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日
※受付は診療時間終了時刻の15分前までです
:土曜は9:00から13:00まで診療いたします